皆さんこんばんは!
コーチの園田です

今回は北名古屋市でYくんと、
『身体を思い通り動かす』 という事をテーマに練習。

簡単に言うと、脳トレです!
様々なスポーツの練習中に、
コーチがアドバイスをすることがありますよね?

僕たちもそうですが(笑)
この時に、すぐにイメージをして、自分の身体を動かす。
簡単そうに思えて、これがすごく難しいのです

この、難しい事を出来るようにする為の練習が脳トレ!
今回の練習で行なったものを1つ紹介するので、皆さんも是非チャレンジを

まず利き手を 「グー、チョキ、パー」 の順に動かします。
同時に反対の手を 「パー、グー、チョキ」 と動かします。

そうです、常にジャンケンで利き手が負ける様にするのです

頭の運動になるので、保護者の方々もお子様と一緒に、
是非行なってみてください!

脳トレで、自分の体を思ったように動かせるようにしていこうね!
それではまた

2018.04.09 Mon l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さんこんにちは!
コーチの園田です

今日は、瑞穂区でD君とボールを使ってトレーニング!

小学校のボール遊びと言うと、まず頭に思い浮かぶのはドッヂボールだと思います!
今回は、ドッヂボールで当たらないようにする為の練習を行いました

ドッヂボールが苦手な子の多くは、
「すぐに当たる」 や 「当たると痛い」 という気持ちを持っています。

楽しく行なう為にする事の1つが、当たらないようにすること

ドッヂボールは、ボールを絶対に捕らないといけないというルールはありません!
つまり、避けるのもOK!!

この時に、ボールから目を離してしまう子や、
背中を向ける子が多いので、おへそを向け続ける練習をたくさん行ないました

その後は、ボールキャッチの練習もしましたが、
2つの練習に共通しているのは 『ボール見続ける』 ・ 『背中を向けない』 です。

この2つを出来るようになると、ドッヂボールが楽しくなるよ

あとは、強いボールを投げて、当てれるようになると、もっと楽しくなるね!

投げる練習は、また次回練習しよう!
D君、ドッヂボールが楽しくなるように頑張ろうね

2018.03.17 Sat l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
こんばんは!
コーチの園田です

今日は、瑞穂区でD君と水泳のレッスン!!

今回はクロールで25m泳ぐための息継ぎの練習です。
子ども達によく有り、大人の方でも忘れてしまう、
『鼻から息を吐く』 に重点を置いて練習

口で息をしようとすると、顔を上げた一瞬で、たくさん吸う事が出来ません!

顔に水をつけている時に、『鼻からブクブク』 をしているだけでも、
顔を上げた時、肺にたくさん空気を入れることが出来ます

これが出来るようになるだけで、長く泳げる可能性が広がります

D君! 25mを泳げるようになる日も近いので、
次回も集中して頑張ろうね

2018.02.17 Sat l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さん、こんにちは!
コーチの園田です

今年初登場です!!
今年も宜しくお願いします!

さて、僕の今年は稲沢市でT君と長距離走の練習からスタート
この時期は、マラソン大会を行なう小学校が多いですね

今回の練習では、フォームの練習は勿論ですが、
ポジティブに走ることを伝授しました!

その名も、「超ポジティブ走法」!
(名前は僕が勝手に付けました)

どんな考え方というと、マイナスなことを一切考えないこと
長距離を走っていると、どうしても、「あと○周もある」 と考えてしまいますが、
これを「もう○周走ったぞ!あと○周しかない!」 と思うようにするのです。
これだけでも、気持ちが全く違います!

「○周もある」 のように、マイナス思考だと、身体が重くなってしまいますが、
「○周しかない!」 だと、身体も気持ちも軽くなって楽に走ることが出来ます

ここまでは、ポジティブ走法ですが、
僕の超ポジティブ走法は、この考え方を1周目から考ること

学生時代、この考え方をするようになってから、タイムが上がるように

是非皆さんも試してみてください。

T君、 マラソン大会まであと1回!
次回のレッスンも、超ポジティブに頑張ろうね

2018.01.06 Sat l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さんこんにちは!
コーチの園田です

今日は、港区の公園で、Y君と短距離走の練習!
課題の柔軟性を高める為のトレーニングを行ないました

身体を柔らかくする事は、走ることに限らず、
スポーツをする上で、とても重要なのです。

特に今回は、股関節と太ももの裏側を集中的にトレーニング

まず、股関節を柔らかくする事によって、脚を上げやすくなります。
『腕を大きく振れないと、脚が上がらずタイムも伸びにくい』
と、以前ブログで説明しましたよね?

見てない人は以前のブログにGo ⇒ 8/9ブログ


腕を大きく振る事によって、脚を上げやす くなり、
股関節を柔らかくする事で、より高く上げることが出来るようになります

なので、速く走る事が出来るということです!

もう1つの太ももの裏の筋肉は、
速く走るというよりも、長くスポーツをする為に必要。

この太ももの筋肉が硬い人は、腰痛になりやすいと言われています。

中学生の時期に練習を頑張りすぎると、腰痛になる事が
なので今回は、頑張り屋のY君に、
長くスポーツをして頂きたく、太もも裏の筋肉も鍛えました!

元中日ドラゴンズの山本昌さんが、
「柔軟性を高めた事で、50歳まで現役を続けられました」 と言っていました。

それほど、スポーツをする上で、
柔軟性がとても大事だと言うことを、皆さんも覚えておいてくださいね

2017.12.04 Mon l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲