FC2ブログ
皆さんこんばんは!
コーチの園田です

今日は千種区でH君と水泳のレッスン!!

今回はクロールで25m泳ぐための息継ぎの練習!
大人の方でも忘れてしまうことのある、『鼻から息を吐く』 に重点を置いて練習です

口で息をしようとすると、顔を上げた一瞬で、たくさん吸う事が出来ません!

水に顔をつけている時に、『鼻からブクブク』 をしておくと、
顔を上げた時、肺にたくさん空気を入れることが出来ます

これが出来るようになるだけで、長く泳げる可能性アップ

また、ビート板を持っている時は落ち着いて息継ぎがが出来ていても、
無しになると焦ってしまうことも、よくあります

25mよりも短い距離を落ち着いて出来るようになってきたら、
徐々に距離を伸ばしていきました

何事も焦らず、落ち着いてゆっくりが大事です!

次回も距離を伸ばせるように、一緒に頑張ろう

2020.06.03 Wed l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さんこんにちは!
コーチの園田です

今回のレッスンではペットボトルを持って走る練習を行いました!

腕の振りを、よりしっかり確認するには、
少し水が入ったペットボトルを持つ練習がオススメ

少し水が入った状態で腕を振ると、水の動きが手に伝わるので、
その水の揺れによってどちらの方向に腕が振れているのか、わかりやすくなります!

また普段よりも腕に重さがあるため、いざペットボトル無しで走る時に軽く感じます
そうすると大きく振ろうとしなくても自然と動いてくれます!

今回は持ちながら走りましたが、その場で動かず振るだけでも充分な効果が

短距離の選手だけでなく、マラソンに挑戦する親御様もやってみると腕のスタミナがついて、
少し楽に走れるようになりますよ

良かったらやってみてください

2020.05.11 Mon l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さんこんにちは!
コーチの園田です

今回は二重跳びの練習
前回、僕の記事でも二重跳びを取り上げましたが、
まずは早く縄を回す練習から開始!

前回の記事はこちら↓
http://firststep88.blog116.fc2.com/blog-entry-4150.html

何回か繰り返して、早く跳べるようになってきたら、
次は前に進みながら跳ぶという練習です

通常の前跳びで進むことが出来たら、二重跳びで進むことにチャレンジ!

この練習は、
① 回数を跳ぶ成功体験
② 続けることでの体力をつける
という目的があります

二重跳びの練習を始めた子の多くが、縄を早く回せても、
足で踏んでしまったりすることがあると思います

それを前に進むことで少しでも跳べるようにする。これが成功体験

何回か跳べるようになると子ども達も自信になって練習のやる気もアップ

②はいきなり10回20回は跳べなくてもOK
2回3回を繰り返すことで縄跳びの体力がついてくるので、
徐々に回数を重ねることが出来ます

休校期間で体力が有り余っているお子様!全身運動の縄跳びはいい運動に

ぜひ親御さんもやってみてください

2020.04.27 Mon l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さんこんばんは!
コーチの園田です

今回は稲沢で男の子兄弟のレッスン!

二重跳びを跳ぶための練習です!
まずは縄をいつもより早く回すために前跳び30回

この30回を跳ぶ時間を計って、次からはさらにに早く跳べる様に頑張ってくれました

学校がお休みになってしまって、
体力が有り余っている子どもたちでも30回を早く跳ぶと結構疲れます

そのため、休憩を挟みながらの練習

息が上がって疲れていても跳べてしまいますが、
ちゃんと休憩をとって跳ぶようにしましょう

先ほど言ったように今は学校がお休みだと思います

ずっと家の中にいるよりも、少し外に出て歩いたり走ったりするのも良いですが、
縄跳びは、全身運動で体力アップにも繋がります!

1日50~100回跳ぶだけでも汗をかけるので、親御様も一緒にやってみてください

2020.04.12 Sun l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さんこんにちは!
コーチの園田です

今回は昭和区でKくんと陸上トレーニング!

この日はゴムチューブを使った練習
ゴムを限界まで引っ張ってから手を離すと、
「バチン!」と戻るような遊びをした事ありませんか?

今回はゴムを引っ張った後、
手を離さずに持ったまま走ることでいつもよりも速く走る練習

ゴムが戻る力を使い普段走っているスピードよりも速く走ることで、
思った以上に速く動けることを覚えることが出来ます

最近タイムの伸び悩んでいる方にオススメ

ただ、僕も安全には十分気をつけています!
子どもたちだけでふざけてやらないように、しっかり注意して行なってください

K君、次回の練習も一緒に頑張ろう

2020.03.15 Sun l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲