FC2ブログ
皆さんこんにちは!
コーチの園田です

今回はS君と、平泳ぎの練習をしてきました

今回の練習は大会に出るための練習で、タイムを伸ばすことを目標に行いました

1年生で凄く上手に泳ぐため、「直すところはないかなー」と思ってましたが、
1点だけ気になったので練習をしました!

それは呼吸の顔上げです!

平泳ぎで息継ぎをする時に、
頭を高く上げることがあると思いますが、高く上げすぎると水の抵抗で、
逆に疲れやすくスピードが落ちてしまうことがあります

そのため、今回伝えたのは、「上」ではなく「前に飛ぶイメージ」です

これをすることで水の抵抗を受けにくくスピードを落とさずに泳ぐことが出来ます

レッスンの最後にタイム計測をしましたが、
疲れた中でも自己ベストを出すことが出来ました

S君、次の大会もがんばってね

2019.08.12 Mon l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さんこんにちは!
コーチの園田です

今回は、一宮市でHくんと陸上の練習を行いました!

この日の内容としては、歩幅を広げることを意識した練習です

歩幅を広げることでなぜ足が速くなるのか?
その理由は簡単です

まず例えとして、歩くのが速い人はどうでしょうか?
だいたいの人が、1歩1歩が大きいと思います!

1歩が大きい分、前に進むのが速くなるのは分かると思いますが、
歩幅を大きくする為には、走る時の腕振りも大切なポイントです

腕と足は連動しているため、腕を大きく振ることで歩幅も広げやすくなります

つまり、腕を大きく振って歩幅を大きくして走るという事は、理想的な走り方なのです

あとは疲れにくいこれも理由の1つですね!

皆さんも「歩幅」を意識して走ってみてください

ちなみに、ウサイン・ボルト選手が100mで世界記録を出した時は、
100mを41歩で駆け抜けたそうですよ

2019.07.28 Sun l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さんこんにちは!
コーチの園田です

いよいよ夏本番という暑さになってきましたね!

外でかけっこの練習をする時に水分補給をするのはもちろん大切ですが、
実はプールで練習している時も大切です

プールの中に入っていると、なかなかのどが渇きませんが、
気づかないうちに汗をかいています!

その量は、陸上で運動している時の、1.5倍とも言われます

プールだと、周りが水だらけなので、「水分は足りている」と錯覚してしまいます

水分補給をしないと出るばかりのため、脱水症状になる恐れも

そのため、プールレッスンのときでも、お子様に水分を持たせてあげてください!

また、子どもたちだけで市民プールに遊びにいくこともあると思います!
その時こそ、注意が必要です

よく言い聞かせてから遊びに行かせてあげてください

夏も頑張るぞーーー!!

2019.07.10 Wed l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さんこんにちは!
コーチの園田です

今回は天白区でN君と水泳の練習を、
バタ足の大事さを分かってもらうことを目的として行いました!

クロールをメインに泳ぎましたが、
綺麗なフォームで泳ぐため、タイムを早くするためにはバタ足は大事です

どんなに腕を大きく回しても、バタ足で膝が曲がっていたり、
沈んでしまっていると、前に進むのに大変です

そのため板キックのタイムを測定を行いながら、身に付ける方法をとりました

まず1回目に、わざと思いきり膝を曲げながら測定。
次に膝を曲げないように、股関節から動かすことを意識しながら泳ぎました!

すると、タイムは15秒ほどの違いが

今回のように、『わざと』悪い動きをすることで、動きにくさなどを身を持って体験できます!

どれだけ口で「今膝が曲がっているから、伸ばすように頑張ろう!」と言っても、
はじめは分かりにくいです

ということは、悪い動きをすることで、より気を付けようと思えますよね

水泳に限らず、スポーツで成績に伸び悩んだ時はわざと悪いと言われるフォーム
で動くことによって、良いとされるフォームを再認識できるため、オススメです

是非、試してみてください

2019.06.13 Thu l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは!
コーチの園田です

今日は、犬山市でRくんと陸上のレッスンを行い、
今回は走るときの【腕振り】を主に練習しました

本人は大きく振っているつもりでも、もう少し振れるというのを、
走っている姿を撮影した動画を見ながら、確認⇒走るの繰り返し!

コーチに言われたことを、自分の頭でイメージしてしっかり動かすことが
出来ているかのチェックです!

しかし、思っている以上に、イメージ通り動かすことが出来ていないことが多いです

腕を大きく振れないと、足が上がらず、タイムも伸びにくいです

腕振りは速く走る上でとても大事なこと
言ったら、『基礎』の部分です

そのため、基礎がしっかり出来るように、何回も映像分析で確認しながら、
走るだけでなく、その場でゆっくり動かすような地味な練習も行いました!

スポーツをするうえで、基礎の練習はとても大事です
地味な練習を続けると、やっぱり誰でもダラけてしまいます

どれだけ地味な練習でも、基礎練習を頑張った選手が活躍するという話も聴くので、
皆さんも基礎を大事にスポーツや勉強を頑張りましょう

2019.05.27 Mon l 園田コーチ l COM(0) TB(0) l top ▲